スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三重フィルハーモニー交響楽団のご紹介

1971年創立。以後、県民オーケストラとしてオーケストラサウンドの魅力を伝えている。
さまざまな職業、年齢にわたる団員で自主運営され、年1回の定期演奏会やその他の公演を中心に演奏活動を行っている。
「自分たちに今できる最高の演奏を」「何よりも音楽が好きだ」という「ひと」が集まって、聴衆の心に届く音楽づくりをめざしている。
団員相互でともに作り上げていく練習を大切にし、国内外で活躍する指揮者や多彩なソリスト・ゲストを積極的に招聘している。
創立指揮者 野上阜三博氏をはじめ、大友直人氏、山下一史氏、広井 隆氏、黒岩英臣氏、矢崎彦太郎氏、山上純司氏、大山平一郎氏、星出 豊氏、手塚幸紀氏らを指揮台に迎えてきた。第40回記念定期演奏会の成功を期に、矢崎彦太郎氏が名誉指揮者に就任。2013年6月の第42回定期演奏会で「フランス音楽への招待Ⅱ」では、ストラヴィンスキー 「ペトルーシュカ」(1947年版)、ドビュッシー「おもちゃ箱」(ナレーション:中井美穂)ほかを演奏し、その色彩感を高く評価された。
地域に密着したオーケストラとしても活動を展開している。1981年から三重県合唱連盟とともにベートーヴェンの「第九」演奏会として開催してきた三重音楽祭は29回目を数えた。2012年10月、その前年の水害被災地の熊野市を矢崎氏とともに訪れ、好評を博した。
2014年6月22日(日)に公演予定の第43回定期演奏会では、津市出身で東京藝術大学を経て、現在、ライプツィヒ音楽演劇大学修士課程在学中の兼重稔宏さん(ピアノ)を迎え、6度目の登壇となる指揮者、山上純司氏のもと、モーツァルト ピアノ協奏曲第23番、チャイコフスキー 交響曲第5番ほかを演奏する。
1985年、地域文化功労賞文部大臣表彰を受賞。
スポンサーサイト
プロフィール

三重フィル事務局

Author:三重フィル事務局
三重フィル事務局

FC2カウンター
リンク
最新記事
最新コメント
Maukie
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。